名刺は自分の分身

名刺とは単に自分の連絡先を提示しているのではなく、自分の分身のような存在となっております。相手の方が名刺を見る時には、自分の連絡先を見たり、仕事関係の相談であったりと色々なケースにおいて利用されます。単に自分に電話やメールをしたいというだけでしたら問題ありませんが、同業者の中でどの方に仕事を依頼しようかと悩んでいるようなケースでは、名刺の印象が大きく商談の行方を左右する可能性がある事になります。

名刺のデザインによって、相手の方の印象は変化します。例えばお堅い職業の場合には、シンプルで見やすく、必要な情報がバランス良く掲載されているような名刺が一番ですし、建築士や写真家、デザイナー、美容師など感性が命のような職業の場合には、自分のセンスが前面に出るようなデザインの名刺の方が、相手にとっての印象は良いと言えます。例えば、名刺がカラフルな物であったり、透明なプラスチックの素材でできているような名刺、通常の名刺の形状とは違っているような名刺など色々と冒険している名刺である必要があります。名刺は自分がどのような名刺が良いのかではなく、ビジネスの場において、どのようにみられたいか。また、見られたい自分を演出する為に必要なデザインはどのような物なのかをしっかりと確認しておく必要があるのです。