目的に合わせた名刺を

最近では、パソコンで名刺を自作する方も増えております。パソコンとプリンター、それと名刺製作ソフトさえあれば、ある程度のクオリティを維持した名刺を作成することができます。既存の名刺では納得がいかないという方の場合には、自作名刺も面白いと思います。名刺交換の時に自作の名刺である事を伝えると、会話のきっかけにする事もできますのでわざと自作の名刺を使っている方も増えてきました。

しかしながら、クオリティの話だけで判断するのでしたら、やはりプロの名刺製作会社に依頼する方が、確実にクオリティの高い名刺を作成する事ができます。また、最近では非常にリーズナブルな価格で名刺を作ってくれる上に、デザインの凝っている物であったり、標準に名刺のサイズではない名刺を手掛けている製作会社も増えて来ております。

もちろんSNSなどプライベートで使用する名刺でしたら自作でも十分すぎるクオリティで使用する事が出来ますが、ビジネスの場で自作の名刺が使える職業はかなり限られてきております。一般的な企業の場合には、自作の名刺はデメリットが大きい可能性があり、特に自分よりも目上の方が取引先に多いような場合には、少々古臭くても、信頼度の高いデザインやクオリティの名刺である必要があります


名刺は自分の分身

名刺とは単に自分の連絡先を提示しているのではなく、自分の分身のような存在となっております。相手の方が名刺を見る時には、自分の連絡先を見たり、仕事関係の相談であったりと色々なケースにおいて利用されます。単に自分に電話やメールをしたいというだけでしたら問題ありませんが、同業者の中でどの方に仕事を依頼しようかと悩んでいるようなケースでは、名刺の印象が大きく商談の行方を左右する可能性がある事になります。

名刺のデザインによって、相手の方の印象は変化します。例えばお堅い職業の場合には、シンプルで見やすく、必要な情報がバランス良く掲載されているような名刺が一番ですし、建築士や写真家、デザイナー、美容師など感性が命のような職業の場合には、自分のセンスが前面に出るようなデザインの名刺の方が、相手にとっての印象は良いと言えます。例えば、名刺がカラフルな物であったり、透明なプラスチックの素材でできているような名刺、通常の名刺の形状とは違っているような名刺など色々と冒険している名刺である必要があります。名刺は自分がどのような名刺が良いのかではなく、ビジネスの場において、どのようにみられたいか。また、見られたい自分を演出する為に必要なデザインはどのような物なのかをしっかりと確認しておく必要があるのです。


目的に合わせた名刺

社会人のコミュニケーションツールとして定番となっている名刺は、最近ではサラリーマンの為だけ物ではなくなってきております。最近では色々な目的で名刺を所有している人が増えて来ており、これまでのような会社名と名前、電話番号が記載されているだけの物とは違ってきております。

サラリーマンが会社を代表して取引先とコミュニケーションを図る場合と、SNSなどのコミュニティで名刺を交換するような場合とでは、名刺の持つ意味合いが全く変わってきてしまいます。しかしながら、名刺と言ったら画一的で、同じようなデザインや構成の名刺しかないと思い込んで、とりあえず無難な物を用意している方が大半を占めております。

しかしながら、名刺自体は自分の代りに相手に存在をアピールするアイテムですので、自分が目の前にいない時に相手が自分の事を思い出してくれるツールという重要な役割があります。そんな名刺がどこかで見たような画一的なデザインのままでは、果たして自分をアピールする事ができるのかは、甚だ疑問が残ります。そこでこちらのページでは、色々な意図で制作される名刺のデザインや内容についての情報をご紹介させて頂きます。自分を表現する為に重要なデザインやこだわり、逆にこだわりすぎに注意しなければいけないポイントなど、これから名刺を作成しようと思っている方にとって有益な情報をご紹介させて頂きますので、どのような名刺を作成しようか迷っているという方は、ぜひチェックしてみてください。